ED治療薬にも様々な種類があってどれにしようか迷っている人も多いと思います。ED治療薬の中でもシアリスは即効性は劣っていても長時間作用が期待できます。じっくり楽しみたい方にはお勧めです。また副作用が他のED治療薬より少ないのが特徴です。

2016年11月の記事一覧

シアリスはどのようにして生まれたのか

シアリスは、バイアグラ・レビトラに続いて登場した第3のED治療薬です。主成分にはタダラフィルが配合されています。
タダラフィルは、バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルおよびレビトラの主成分バルデナフィルと同じくPDE5型酵素阻害薬です。PDE5型酵素というのは、男性が性的に刺激を受けて興奮した時に大量に生成されて勃起を起こす血管拡張物質を破壊する酵素です。血管拡張物質が破壊されると、陰茎の動脈血管が弛緩して勃起現象は終わります。
PDE5型酵素阻害薬を主成分とするED治療薬には、この酵素が血管拡張物質を破壊するのを邪魔して勃起の継続を助けED症状を改善する効能があります。
ここで、クエン酸シルデナフイルとバルデナフィルには食事や飲酒の影響を受けやすく薬の効果が持続する時間が短めという特徴があります。そのため、バイアグラやレビトラを使用する男性はSEXがいつになるかを考えながら空腹時に薬を服用、効果が切れないうちに慌ただしくSEXをしなくてはならないというプレッシャーを抱えてしまいます。
第3のED治療薬シアリスは、バイアグラとレビトラのこの特徴を改良して開発された薬です。シアリスの主成分タダラフィルには、一旦血中に溶け込めば食事や飲酒の影響を受けにくくまた従来のふたつのED治療薬に比較して薬の効果が続く時間がかなり長いという特徴かあります。
シアリスの効果が長続きする点については、欧米などではウイークエンドピルと呼ばれて大人気です。これは、デートや旅行の前に1回服用しておけば週末のSEXライフをたっぷり楽しめる薬という意味合いです。男性にとっては、SEXのタイミングがずれても慌てて薬を追加する必要もなく、食事やお酒も楽しめるので焦りやプレッシャーを感じなくてすみます。

続きを読む